40代で仕事がない・転職が決まらない!と嘆くあなたに介護職のススメ

介護職

どうも。現役介護職員のおっさん「そらいつ」です。

私は40代も半ばになってから無資格・未経験で介護職員として人生のリスタートをきることにしました。まだまだ新米介護士ではありますが、いまのところなんとか順調に仕事ができています。

40代ともなると新たな仕事を始めようとすると、相当なるパワーを必要とします。

なかなか次の職が決まらないことからいら立ちも強くなり、余計に焦ってしまうもの。

これ、焦れば焦るほど悪循環で自分のメンタルもやられていくんですね。

かつての私もそうでした。

「なんとかしなきゃ」

そう思えば思うほど、妥協を重ねていくばかりです。

これでは何のために転職しようと思ったのかわからなくなってしまいますね。

今回は40代のあなたが仕事がない・転職が決まらない悪循環に陥った理由と今後のあなたにオススメの介護職についてまとめてみます。

スポンサーリンク

40代で仕事がないといわれる理由

今の時代、少子高齢化が進み人手不足が騒がれています。

自分が若ければもっと色々な職種を選べるかもしれません。

しかしながら、年齢も40歳を超えるとそうも言ってられなくなるのは、転職経験者なら一度ならず経験しているはず。

昔に比べるとだいぶ年齢の壁は無くなってきた感はありますが、それでも厳しいのは現実です。

よほど特化したスキルや経験がない限り40歳以上というだけで、面接で落とされます。いや、面接どころか書類の時点で既に終わっています・・・。

今の世の中仕事は山のようにあるはずですが、すでに40歳を超えている身としてはそれだけで大きなハンデを背負っているとも言えてしまうわけです。

私自身面接で採用される側に実際聞いた話ですが、

「転職者側がそうは思っていなくても実際に40歳を超えていると、若い頃に比べ頭が硬くなっており柔軟な対応ができなくなってくる。
それだけにある程度の年齢を言っていると経験やスキル云々以前に採用側としては躊躇するところはある」

といった内容のことを言われたことがあります。

やっぱり現実は厳しいと言わざるを得ないのは事実ですね。

40代の転職が決まらない・うまくいかない理由

このように世の中的には仕事が多くあると、年齢に対する障壁はまだまだ高いのが現状です。

とは言え、年齢を気にせずに採用してくれる企業が増えていることも事実です。

それなのになぜ転職がうまくいかないのか、もう一つ違った側面から見てみましょう。

高望みしすぎてない?

例えば40歳を過ぎてからアイドルを目指そうなんて思っても実現不可能な事は誰でもわかりますよね。

しかし転職においては、こういった行為を普通にやってしまう傾向があります。

この業界が嫌だからあの業界、あの業界がには疲れたから次の業界へと毎回違う職種に転職しようとしても、うまくいくはずがありません。

どれだけ多くの経験をしていても、新しい職場ではあなたは素人同然です。

そんな素人にいきなり高待遇で受け入れてくれるところがあるでしょうか?

あなたに特別なスキルや経験がない限り、なかなか難しいですよね。

しかし転職者は自分のスキル以上に高望みをしようとしてしまうものです。

ある程度妥協しなければならないところは、妥協点として受け入れなければなりません。
高望みすることは必要ですが、高望みしすぎるのもよくないと言うことです。

妥協しすぎも良くない!

とはいえ自分の人生の多くの時間を費やす「仕事の時間」ですから、妥協のしすぎは良くないですよね。

そのため転職で仕事を探す上で、

  • 「ここは妥協できる」
  • 「ここは譲れない」

という点をいくつかピックアップしてみると良いかもしれません。

そのピックアップした結果をもとに転職可能な企業を探していくわけです。もちろんこれだけでうまくいくわけではありませんから、さらに妥協をすべきところは受け入れていく必要があるといえます。

しかし、すべてを妥協して「なんでもいいや」という考えになってしまうのは一番良くないでしょう。

妥協しすぎた転職はさらに妥協を生む

妥協しすぎた転職は、また次の転職への第一歩と言えます。

それはなぜか?

妥協ばかりで自分が望んでいない職場に仕事を決めたとしても、やりがいを感じなかったり、あまりにも給料が悪すぎたり、人間関係が最悪だったりなどなど、人はポジティブな理由を見つけるよりもネガティブな理由を見つける方が簡単なんですね。

だからあまりにも妥協しすぎた転職は、すでに頭の中でネガティブな状況を考えているわけです。

そんな状況で長続きができるでしょうか・・・

年齢を理由にしてる・プライドや経験が邪魔してる

40代ともなると、それなりの経験を積んできているはずです。

「自分はたいしたことをしてこなかった」なんて思われるかもしれませんが、それでも人生経験はそれなりにあるはずでプライドも持っているはずです。

このプライドが新しい職場では邪魔になるんですね。

40代で転職となると、職場での上司や先輩が年下なんてことは往々にしてあることです。

新しい仕事に就くなら、自分の年齢や経験・プライドはいったん隅に置かなければなりません。

また、「自分はもうおじさんだから」「自分はもうおばさんだから」こういった考え方も良くありません。

自分で自分に限界点を作ってしまってはそれ以上の伸びしろはなくなってしまいます。

40代で転職を成功させるには?

40代で転職を成功させるには、数打つしかないかもしれません。

そんなことは言われなくてもわかっているでしょうから、ここではそんな建前ではなく転職を成功させるためのメンタル面を考えてみたいと思います。やや、抽象的になってしまいますが・・・。

自分には何ができるかを考える棚卸し

まずは、これまでの自分の経験を棚卸ししてみましょう。

仕事としての経験はもちろん、人づきあいや趣味、特技などこれまでに経験したことを改めてノートにでも書き出してみましょう。

自分自身を棚卸することで、「あんな経験が生きるかも」「こんなことができるかも」と、これまで無意識に自身の視野を狭めて考えていた世界が広がるかもしれませんよ。

できない理由探しをしない

人間出来ない理由を考えるのは簡単です。

なにかにつけて言い訳をすることで「できない理由」を探してしまいます。

ですが、「できない理由」を探してやらないよりも「できるようにする理由」を考えたほうが、自分自身の新たな可能性が開けると思いませんか?

転職を目の前にして逆境を楽しむ余裕はもちろんないでしょうが、いろいろできない言い訳をしてやらないよりも、どうしたらできるようになるかを考え、もう一度ゼロからスタートするのもありかもしれませんよ。

40代のこれからに介護職はいかが?

ここまで40代の転職が決まらない理由を書いてきました。

なかなか簡単に転職先が見つからないのが現実です。では、そんな転職の難しい40代であっても比較的容易に仕事が見つかりやすい業界はないのかというと・・・「介護業界」があります。

「介護なんて・・・」とあなたは思うかもしれません。

たしかに介護職は「キツイ・汚い・給料が安い」といった側面もあります。

しかし、これから先の世の中でどんどん必要とされる仕事でもあるんです。

それに、あなたが思っている以上に働きやすい仕事だったりもするんですよ!

介護の仕事は未経験からでもOK

介護の業界も例にもれず「人手不足」です。しかも業界自体にそれほど古い歴史があるわけでもなく、まだまだこれから発展途上の業種でもあるんですね。

それだけに国もその待遇改善に力を入れていますし、なんといっても新しい人材を求めています。

仮に未経験であっても、あなたにやる気さえあればまだまだやっていける業界なわけです。

また、年齢の障壁も低く幅広い世代で人材を受け入れてくれるという実情があります。ですから、40歳を過ぎてからでも始めやすい仕事といえるんですね。

あなたの経験が生きる

介護の経験なんてないのにどうして、自分の経験が生きるの?なんて思われるかもしれません。

技術や知識といった経験よりも、人とのコミュニケーションのあり方、人間関係の在り方、仕事の効率化といったあなたの人としての経験を活かすことができます。

なんといっても人相手の仕事ですから、想像もしていないことが起こるなんてことはよくあります。

そこで生きてくるのが、これまであなたが社会人として積み上げてきた経験です。

これは、社会経験の少ない若い子よりも様々な経験をしている年代の方が圧倒的に有利といえます。

キャリアアップも考えられる

もちろん介護職にはキャリアアップという側面もちゃんとあります。

ただの介護士として終わるのも一つなのかもしれませんが、実務経験を積んだうえで資格取得を目指していくと、しっかりとキャリアアップが望めます。

「介護福祉士」の資格まで取得できると、日本国内どこの介護施設でも働くことができるようになるはずです。

全ては自分自身の気持ちの持ち方・取り組み方といえるわけですね。

今こそ介護業界に飛び込むべき

こういったことを総合的に考えると、40代の転職に介護士は一つの選択肢として考えられると思いませんか?

たしかに、最初は給料が安いです。

でも自身の頑張り次第・考え方次第で給料のアップも可能といえます。

自身の年齢を考えたときに、未経験でも始められ将来性も考えられる職種って他にどれだけあるでしょうか?

多くの社会経験・人生経験を積んできている40代の今こそ、介護職という新たな世界で活躍してみませんか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

世の中人手不足とはいえ40代にもなると転職はどうしても難しくなってきます。

焦れば焦るほど良い結果は現れてはきてくれません。

かつての私もそうでした。

私は40代になってから介護士になりましたが、その選択が正しかったのか間違っていたのかはまだわかりません。

もともと介護の仕事に興味があったわけでもありません。

ですが転職をして介護を選んだことは将来的にも良い選択なのではないかと今は思っています。

あなたも仕事が決まらないとか仕事がないとってもうのであれば、一度介護業界の門を叩いてみてはいかが?

これまでとは違ったものの見方ができるかもしれませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました