介護士への転職は異業種からでもOK?豊富な人材が欲しい介護業界

介護職

どうも。現役介護職員のおっさん「そらいつ」です。

私は40代も半ばになってから無資格・未経験で介護職員として人生のリスタートをきることにしました。まだまだ新米介護士ではありますが、いまのところなんとか順調に仕事ができています。

どこの業界でも人手不足が騒がれるようになってから久しいですが、その状況が特に顕著だと言われているのが介護士の仕事です。

介護施設はまるでコンビニのようにどんどんできているのですが、実際の働き手が圧倒的に足りていないのが現状です。
需要と供給のバランスが取れていないんですね。

もっともっと介護士の仕事を自分のこれからの仕事として選択する人が増えて欲しいと思う今日この頃です。

そんな「介護士へ転職をしようかと思うけど、今まで全く異業種で働いていたからどうなんだろう」そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

介護士への転職は異業種からでも大歓迎

介護士への転職はこれまで全くその経験がなくてもOKです。
むしろ転職をする時に「もともと介護士でした」という方の方が少ないんですね。
特に男性の場合は。

万年人手不足に陥っている介護の業界では、「介護士として働きたい」そんな風に思われる方に対しては広くその門戸を開いていると言えます。

実際私の働いている施設でも、もともと介護をやっていたという方の方が稀で

  • 役者志望だった方
  • トラック運転手だった方
  • パチンコ屋の店員だった方
  • 工場勤務だった方
  • スーパーの店員だった方

などなどみんな異業種からの転職です。

かくいう私自身も今でこそ介護職員として働いていますが、前職は工場勤務でした。
その前はというと物流倉庫で働いていました。

つまり、みんな全然介護とは関係ない職からの転職者だったりします。

特に男性職員の場合は、ほとんどがそうだといってもいいかもしれません。

これを考えるだけでも、介護士への転職は異業種からでも可能だと言えるのではないでしょうか?

介護士の仕事はあなたの経験が生きる!

どのような業界にいたとしても、介護の仕事にあなたのこれまでの経験が活かされることは間違いありません。

たしかに全然介護とは関係のない異業種からであったとしても、これまでの社会経験が無になるということはないと言えるでしょう。

もちろん技術的に役立つことがなくても、あなたのその社会人としての経験はとても大きな武器になります。

介護の仕事は一般的に体力勝負だなんて言われていますが、それだけではありません。一番大切なのはコミュニケーション能力なんじゃないかと私はおもっています。
さらに対人関係の総合職だとも思います。

少なくとも数年以上の社会経験をしていれば、それなりにさまざまな経験をしているはず。

仕事の効率化や人との接し方など直接的ではないにしろ間接的にその異業種で培った経験は生きるはずです。

異業種から介護士になった人はどう思ってる?

私の働く施設の職場では介護の業界では珍しいくらいに男性職員が多いです。

そのほとんどは転職者で異業種からのものです。

そこで数年間働いている方の声を聞いてみると、「最初に思っていたほどのキツさではなかった。」という声が聞かれます。

私自身、介護の仕事はけして楽な仕事だとは思いませんし、体力的にもキツかったりしますが、過去の仕事に比べると前向きに仕事ができています。

たしかに離職率が高い介護の職場ですが、過去にブラックな会社で勤めていた自負を持っている人ほど働きやすいと思われているようです。

もちろん数ある介護施設にはブラックなところもまだまだ残っているところもありますから、転職する際はその施設の環境を見極めていく必要はありますが・・・。

まとめ~介護業界は常に人材を求めている

先にも話したように高齢化社会が進む現状に対して需要と供給のバランスが取れていない業界です。

数年間しっかり経験を積み資格を持っていれば、一つの場所にとどまることなくより条件の良い職場への転職も可能です。

今はまだ社会的地位も低く、待遇面でもちょっと…な点もありますが、今後さらなる人材が必要となることは目に見えていますし、国が必要だとしている職業ですのでちょっとずつ改善されていくことは間違いないでしょう。

さらに技術の進歩により今よりも働きやすい未来が待っているかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました