40代の転職に介護職という選択は有り?それともなし?

介護職

どうも。現役介護職員のおっさん「そらいつ」です。

私は40代も半ばになってから無資格・未経験で介護職員として人生のリスタートをきることにしました。まだまだ新米介護士ではありますが、いまのところなんとか順調に仕事ができています。

そもそも知っての通り40代ともなるとやはり転職というものは容易ではありません。

私自身これまでに何度かの転職経験がありますが、年齢を重ねていけばいくほど自分の望む転職先といった選択は難しくなってくるのが現状です。

今回は40代という年齢の転職において介護業界に飛び込むというのは有りなのか、無しなのかを本音で書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

人手不足なんて言うけど…40代の転職にはやっぱり厳しい現実

さまざまな業界で「人手不足」といった声が聞かれますが、40歳を超えた人間にとっては非常に厳しいことには変わりありませんよね。

たしかに仕事を選ばなければ何らかの職に就くことは可能といえますが、そのどれもが正直足元を見られているといっても良いのではないでしょうか?

  • 給料が安い
  • 拘束時間が長い
  • 仕事内容がきつすぎる

これが現状ではないでしょうか?

私も今回の転職にあたりいくつかの一般企業(工場や物流系ですが)で面接を受け内定をもらったところもありました。

しかし、拘束時間ばかり長く薄給で、どれも先を考えられる仕事ではありませんでした・・・。

40代の転職の厳しさ!企業が求めるのは?

40代以上の転職というと企業側が求める人材は

  • 「即戦力」
  • 「使い捨て」

このどちらかがほとんどだと思います。

エリートコースを歩まれてきた方ならそんなことはないのかもしれませんが、
私のような工場や倉庫などで仕事をしてきた人間にとっての転職先はほぼ「使い捨て」です。

それはなぜか?

どれほど社会経験があろうとも、専門的な知識やスキルをもたない40代、転職回数の多い40代に企業側は多くを求めない・求めてもしょうがないと思われてしまっているから・・・。

何社か面接を受けていると、こういったことが感じられるようになります。

自分が採用する側として考えてみたらわかること

仮に自分が採用する側の立場だったらと考えるとどうでしょうか?

「40代未経験のおっさん=いらない」と考えることがほとんどでしょう。

採用側にとっては「人生経験?社会経験?そんなもんくそくらえ!」なわけです。今欲しいのは忙しい今の現状を打破するための人手です。もしくは、将来的に会社の一翼を担うであろう人材です。

何も持たない40代なんて欲しくないんです!

では、その企業があなたを採用しようとする理由・・・それはとりあえず人が欲しい、でも難しいことは出来ないよね、だから「使い捨て」なんです。

自分が「即戦力」となるような技術や知識を持っていれば、また違った感じられ方をするかもしれません。

しかし、大多数の40代転職者は私のように感じているのではないかと思います。

例えばですが、一度でも大手の転職サイトに登録したことがあればわかると思うのですが、登録項目であるweb履歴書やエントリーシートにしっかりと自信をもって自己PRも添えて書ききったことがあるでしょうか?

そして即戦力としての仕事は見つかったでしょうか?

面接まで行けたでしょうか?

私はありませんでした・・・むしろ、「いいな」と思えた企業では自分の経験やスキルが足りておらず、せつなくなるだけでした。

その結果、妥協に妥協を重ね自分が入れそうな企業だけに応募する⇒面接を受け採用はされるもののその条件としては非常に厳しいもの・・・というか「足元見すぎでしょ」といえそうなものばかりでこの先の人生をその企業に託そうとはけして思えない会社ばかり。

これが現実でした。

選べる仕事といえば「使い捨て=誰でもいい」とされる仕事ばかりなんですね。

このまま「使い捨て」の転職でいいの?

私のように40代で転職ともなるとある程度社会経験がある年代ですから、仕事がきついことも給料が安いことも考慮に入れたうえでの転職活動だと思います。

それにおそらく「これが最後」という意思をもっての活動だと思います。

  • 生活のため
  • 家族のため

これらが最優先されますよね。

そこには「自分のやりたいこと」なんて言ってられる次元にないこともわかっているはずです。

しかし、その多くを妥協して始める「使い捨て」の仕事、

  • その仕事、将来的に続けていけますか?
  • その仕事をつづけた先に何が待っていますか?

また同じ失敗を繰り返し、転職先を探しているなんてことになっていませんか?

40代の転職に介護職はあり?なし?

で、本題。

40代の転職に介護職という選択はありでしょうか?なしでしょうか?

介護職に持つイメージって?

まず介護という仕事に対して、あなたはどのようなイメージを持っていますか?

私はというと・・・

  • きつい
  • 汚い
  • 給料が安い
  • 体力勝負でしょ
  • ジジババの相手なんてしたくない

などなど、今のあなたと同じような考えを持っていました。

おそらく、介護職に興味はなんとなくあるものの私と同じようなイメージを持たれているのではないでしょうか?

私が40代で介護職への転職を考えた理由

では、どうして私が介護という仕事を40歳も半ばを過ぎて選択肢の一つにしたのかというと・・・

  • 40代の転職の厳しい現状
  • 将来につながる仕事をするべきとの思い→食いぱぐれがない仕事をするべき
  • 長いこと入院生活を送り亡くなった父のために何もしてあげられなかった自分ができること

これらのことから介護職という仕事を考えるようになったのです。もう一つとしては肉親が介護関係の仕事をしていたということもありました。

たしかに介護業界というのは総じて給料は安いといえます。ですが、経験を積み資格を手にすれば、人並みに食べていけるだけの給料にはなります(たぶん・・・)。

また、ある程度の経験と知識が次につながるという旨味もあります。仮に今の施設がなくなったとしても、それまでの経験から仕事にはありつけるということです。

つまり今のうちに介護というの経験を積んでおけば、将来にわたって仕事が全くなくなるというリスクを多少なりともつぶせるわけです。

ちなみに働き方としても派遣社員はもちろん、正社員としての道がしっかりとあります。もうちょっと若くて体力があれば、夜勤専従なんて働き方だって選べるでしょう。

しかも40代未経験で飛び込んでも、全然OKだったりすることを考えると選択肢の一つと考えられると思いませんか?

40代の転職こそ「売り手市場」に飛び込むべきじゃね!

ご存知の通り、世は超高齢化社会。

そして介護業界というのは、これまたご存知の通りいつまでたっても人手不足なわけです。

つまり、需要と供給のバランスがとれていないんですね。ですから「超売り手市場」なわけなんですね。

・売り手市場=求人数が多く求職者側にとって有利な状況
・買い手市場=求人数が少なく応募者を吟味できることから企業側にとって有利な状況

これは、40代の介護への転職者においても変わりはありません。ましてや、介護業界はというと、どちらかというと女性の方が多い業界です。

数少ない男性介護員は重宝されがちです。

むしろ、40代で未経験であっても、無資格であっても、活躍できるチャンスは残されているということです。

こんな市場他にあるでしょうか?

無資格・未経験であっても自分の頑張り次第で続けていける仕事、将来を考えられる仕事、40代の転職希望者にとってはありがたい業界であるといえちゃうんですね。

こう考えると繰り返しになりますが介護職は40代の転職者にとって選択肢の一つとして考えるべき価値はあるんじゃないかと思うわけです。

買い手市場にわざわざ飛び込むくらいなら…

転職希望者にとってわざわざ「買い手市場」に新たに飛び込むのは大きなリスクです。というか、「買い手市場」ではまともに雇ってもらえる確率は極めて低いといえます。

あなたが何らかの専門知識や人に誇れる経験があるのであれば、「買い手市場」に飛び込み苦労するよりも独立という道を考えたほうが良いと思います。

私もいつかは独立したいと思いながら、これまで仕事をしてきました。しかし、子供の手が離れないうちに無理して独立を考えるよりも、安定して食べていける仕事を選ぶべきとの考えから介護職を選択肢の一つとして考えるようになり現在にいたります。

まとめ

ここまで私が40代という年齢で飛び込んだ介護職の転職事情をまとめてみましたが、どのように感じられたでしょうか?

たしかに介護という仕事はきついです。けして楽な仕事ではありません。それにもうちょっと給料をもらっても良い仕事だとも思います。

しかし、これまでのあなたの人生で楽な仕事ってありましたか?仮にあったとしてその楽な仕事って続きましたか?

続いていれば転職なんて考えませんよね・・・。

介護職はやりがいがありますッ!・・・とは言いません。

正直、食べていくための仕事です。

ですが食べていくための仕事が将来につながる可能性があればどうでしょう?しかも40代という年齢の人間にとって。

介護職の場合は、一つの施設で働き始めたからといってずっとそこに縛られる必要はないと思います。自分のキャリアに応じて、自分の望むべき働き方に応じて職場を変えることだってありといえます。

そんなときに役立ってくれるのが介護士専門の転職エージェントです。一般企業の転職エージェントを使ってもなかなか希望通りの職を見つけるのが難しかった人であっても、介護職のエージェントに登録すれば比較的早い段階で仕事を見つけることができます。

ここまでの話を読んで、「介護の仕事も選択肢の一つに入れようかな」と思ったら、ぜひおすすめの介護職専門の転職エージェントに登録してみてください。

もちろん費用は一切かかりませんし、自分にはやっぱり合わないと思ったらその場で断ればいいだけですから、リスクになるものはありません。

むしろ、思っているよりも早く仕事が見つかりビックリするかもしれませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました